「蒼の彼方のフォーリズム展」が東京アニメセンターでスタート


aDSC01285_R2016年の冬アニメとして放映され先日1クールの最終話を迎えた「蒼の彼方のフォーリズム」。その本編で使用した生原画や資料などの展示とグッズの販売が2016年4月5日(火)から秋葉原UDX4階にある東京アニメセンターで始まったので紹介していこう。

 

負けてからが、本当の勝負

蒼の彼方のフォーリズムは2014年にspriteからゲームとして発売され、2016年1月から東京・愛知・大阪を中心にアニメーションとして放映された。物語の舞台は日本南方の四島列島を中心に描かれており、重力反発素子の発見から半重力を発生させて中に浮くことができるグラシュ(アンチグラビトンシューズ)が発明され、それを用いたイギリス発祥のスカイスポーツ「フライングサーカス(FC)」で競いながらも成長していく主人公たちの姿が描かれている。

aDSC01282_R aDSC01284_R aDSC01285_R aDSC01283_R aDSC01286_R

先日放映された最終話の試合で熱くなった方も多い事だろう。アニメーションの内容については2016年3月18日から順次発売されていくDVD / Blu-rayを視聴して頂くとして、その本編で使われた「生原画」や「台本」などの展示が東京アニメセンターで始まったので見ていこう。期間は2016年4月5日(火)から同年4月17日(日)までとなっている(ただし4月11日(月)は休館日)。台本などが撮影禁止となっており是非足を運んでその目で「あおかな」の世界観を感じてもらいたい。

▼鮮やかな各場面の写しも展示されておりイメージが膨らむこと間違いなし!!今回は撮影時間があまり取れなかったことから、紹介しているのは展示されている中でもごく一部であることをお詫びしておく。

▼生原画は繊細な筆運びを感じることができる展示物の1つだ。ここから作品が生み出されていくと思うと何時間見ていても飽きることがないと感じるのは不思議だ。生原画も映像写と同じく一部であるため、改めて別の機会に紹介できればと思う。

【詳細情報】
■イベント名:蒼の彼方のフォーリズム展
■開催場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4F
■会場:東京アニメセンター(http://www.animecenter.jp/
■開催期間:2016年4月5日(火)〜4月17日(日)
■休館日:2016年4月11日(月)
■会場時間:11:00〜19:00
■入場料 :無料
■告知サイト:http://animecenter.jp/201603/14191919.php
■アニメ公式サイト:http://aokana-anime.com/story/
■原作サイト:http://aokana.net/
■Twitter:@sprite_fairys
■アニメ公式Twitter:@aokana_TVanime