おそらく平成最後のスク水イベント「スク水カフェ」に行ってみた!


こんにちは!新人ライター(15年目)のいずみんです! 今回は前回(【シフト発表】ぱすてるぴんくのコンセプトカフェ『スク水カフェ』)、前々回の記事で紹介(【フライヤー情報】ぱすてるぴんくのコンセプトカフェ『スク水カフェ』)させていただいた『スク水カフェ』なるイベントに行ってきました!おそらく平成最後のスク水イベント!さて、その実態は!??

 

『スク水カフェ』は合法ロリの楽園だった

うわ!??ちっちゃっ!かわいいい!!!

おわかりいただけただろうか?こちらのキャストさんは三井瞳 さん。確認したところ身長139cmとのことである。

139cmといえば「シスタープリンセス」の亞里亞、「干物妹!うまるちゃん」の本場切絵、「Dr.スランプ」の則巻アラレと同じ身長(例えが古いw)

おのれ『スク水カフェ』め、いたいけな小中学生をカフェで働かせるとはなんたることか……と、思ったのですが、彼女は20代、成人済みでした!

すこし肌が紅潮しているのは、お客さんとの乾杯ドリンクでアルコールをご馳走になってしまったからだそうです。間違いなく成人です!

というか、店内のキャストさんがみんな小さい。見渡したところ、キャストさんはみんな身長が130cm台と140cm前半の様に見えます。聞いたところ、こちらのイベント主催者さんは有名コスプレカメラマンさんで、交流のある低身長のレイヤーさんでイベントを開くことが多いそうです。

今回は突発で声をかけられた夢唯 さんが一人だけ175cmで、その他のキャストさんはみんなちびっ子だとのこと。もちろん全員、成人済みです。

いやーこういうイベント、ありだと思います!

唯一の高身長キャストだった夢唯 さん

 

イベントは大盛況!

ちなみにイベントはかなり盛況でした。席が無くて何度も来店される方、立席(!?)でもいいから入りたいという方もいた様です。

 

会場は紳士の社交場という雰囲気

会場はカウンターでドリンクを作ってくれるバーテンダーさん以外は全員スク水という空間ですが、会場に漂うのはハイソな雰囲気。会場は混み合っているにも関わらず、お客さんは全員落ち着いた雰囲気で談笑しておりました。皆さん紳士ですね。

やはりスク水は紳士淑女の嗜み!ちなみに隣席した方にお話を聞いたところ、ご職業が写真家という方が何人か居りました。立派なカメラ機材も見せてもらいました。

キャストの夢唯 さんと赤羽もも さん

ちなみにこれらのスク水は近所のAEON(イオン)とかで買ったとのこと。

なるほど、みんなちびっ子なので本物の女児用のスク水が着れるんですね!

では、しばし会場の雰囲気をお楽しみください。

ひととおり堪能してお腹も減ったので

フードも注文してみました。

普通のメイド喫茶みたいにフードにお絵描きをしてくれました!嬉しい!!!

この他にもキャストさんとチェキ(1枚1,000円)が撮れたり、キャストさんをカメラ撮影(1分1,000円)できたりというサービスもありました。先ほどお話しした写真家の方がカメラ撮影をオーダー。それ用に立派なカメラ機材を持って来ていたんですね!

なお、このイベントを主催している「ぱすてるぴんく」さんは秋葉原では『女児喫茶&おむつっ娘カフェ』なるイベントも開催しているということなので、機会があればこちらのイベント取材に行きたいと思います!

【イベント概要】
■イベント名:ぱすてるぴんくのコンセプトカフェ『スク水カフェ』
■開催日:2018年11月10日(土)
■開場:13:00〜23:00
■料金:1,000円/h(チャージ制)+飲食代
■会場:秋葉原のレンタルスペース・レンタルカフェ「ホワイトエレファント」
■運営:ぱすてるぴんく
■告知サイト:https://twitter.com/pstl_pink(twitterのみでの告知)

この記事を書いた人

和泉 宗吾
和泉 宗吾
和泉宗吾@いずみん
千葉県在住の週末都民。フリーライター兼、野生のプロデューサー。美味しいものを求め東奔西走。秋葉原プラスでは企画や催事等のお手伝いをさせていただいております。よろしくお願いいたします。