『京まふ 2022』2022年も西日本最大級のマンガ・アニメのイベントがスタート!


2022年9月17日・18日、京都のみやこめっせを中心に開催されるマンガ・アニメのイベント『京都国際マンガ・アニメフェア2022』、略称『京まふ』。台風が近づいている中の開催であり、東京ゲームショウとも日程が重なってしまった、そんな中スタートした。

 

2022年も西日本のアニメファンを魅了する!

遂にスタートした『京まふ2022』。今年もみやこめっせ会場をメイン会場に、マンガミュージアム、太秦映画村、そしてロームシアターと定番の会場での開催となった。今回もメイン会場となるみやこめっせの入場開始前の様子、並びに入場後の様子などをお伝えしていこう。『京まふ』と言えば、やはり京都市交通局のブースなど自治体や行政のブーズは押さえておきたい。

2022年11月に3回目の開催が決定したKPF(北九州ポップカルチャーフェスティバル)。ここ2年はコロナの影響で開催中止だったものが202年は開催決定という事で、かなり気になる状況になっている。
こちらは小金井アニメ協議会のブース。こんな感じでAnimeJapanなどとはまた違った楽しみがある。そして京都での開催、という事で伝統工芸を体験できるブースがあるのも京まふの魅力のひとつ。今回も数珠など体験しながら楽しめるようだ。

それでは、ちょっと入場開始前の会場の様子を一気に紹介していこう。

 

京まふでもやっぱり暴れるFGOのアノ方が登場!

FGOと言えば公認コスプレイヤーにきぐるみ先輩(女主人公)を期待してしまうが、今回も京まふに登場!京都仕様という事で、お団子に冠に着物姿と三者三様で登場。

FGOファンが一気に押し寄せて撮影会も結構大変な事に。

そして、気を抜くと観客に混じっている女主人公(先輩)。違和感ありまくり!

こちらは、セイバーとマシュがキスをしている…のではなく、お団子を食べさせている図。角度が微妙過ぎてこんな感じになってしまいました。

ぬいぐるみズのあとは公認コスプレイヤーが登場。一気にFGOを知らない人も撮影会に参入したので大変な込み具合に。

そんな状況を見つつ10時ごろには3階の会場でも人が大変な状況に。

東京まで行けない若い人にとっては、近場で開催されるマンガ・アニメイベントは貴重な存在という事を改めて感じてしまう。ちなみに入場ゲートはコロナ禍3回目の開催という事もあり日所に手慣れた対応で大きな混乱もなく淡々と入場出来ているのは流石というところだ。

 

伝統工芸とのコラボグッズが今年も登場!

居まふと言えば伝統工芸とのコラボグッズも魅力のひとつ。京まふショップには10時時点で長い列が形成され、思い思いに買い物をしている様子が会場からも見ることが出来た。

詳細に関してはこちら(http://kyomaf.kyoto/shop/)で確認頂きたい。さて、最後に2022年の京まふのコラボビジュアル全5作品を紹介しておこう。会場に展示されているので会場に来た人は見つけてみよう!

明日(2022年9月18日)も開催される『京まふ 2022』、京都近郊にお住まいの方は是非イベント会場を訪ねてみよう。お財布はちょっと強化してイベント会場で楽しもう!

 


開催概要

■催事名称:京都国際マンガ・アニメフェア2022
■略称:京まふ(KYOMAF=KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIRの略)
■会場:
・みやこめっせ(メイン会場):京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
・ロームシアター京都(メイン会場):京都市左京区岡崎最勝寺町13
・京都国際マンガミュージアム(第2会場):京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
・東映太秦映画村(特別会場):京都市右京区太秦東蜂岡町10
・京都館PLUS X (オンライン)
■会期:
・みやこめっせ(メイン会場):2022年9月17日(土)・18日(日) 9:00~17:00 ※18日は16:00まで
・京都国際マンガミュージアム:2022年9月17日(土)・18日(日) 10:30~19:30
・東映太秦映画村(特別会場):2022年9月17日(土)・18日(日) 10:00~17:00
※各会場、入場は終了の30分前まで(東映太秦映画村は1時間前)
■出展申込:2022年4月27日(水)~5月31日(火) 詳細は公式サイトをご覧ください。
■入場券:2022年7月20日より販売中
■主催:京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
■共催:
・KYOTO CMEX 実行委員会
・京都国際マンガミュージアム
・東映太秦映画村
・京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学
■後援:経済産業省
■協力:
・「伝統産業の日」実行委員会
・京都伝統産業ミュージアム
・Ani Love KYOTO実行委員会

■公式サイト:http://kyomaf.kyoto/
■公式SNS:
・Twitter:@kyomaf
・TikTok:@kyotocontents