アキバぼっち飯(ランチ編:第48回『肉バル ダンテ東京』)


zp_pc030208今回は2016年11月25日にオープンしたばかりのお店『肉バル ダンテ東京』のランチを楽しみにやってきた。レセプションで既に味は確認済みだが実際にオープン後のランチの様子をお伝えしていこう。

 

女性に嬉しい肉のお店

今回訪ねたのは銀座線末広町駅4番出口を出て正面左手に見える小道を進んだ先にあるのが『肉バル ダンテ東京』だ。少し裏通りに入っているので案内板等を見落とさないように注意して向かおう。

zp_pc030208

今回はローストビーフ丼(1,080円)にビールを追加注文してみた。昼からお酒が飲めるのはちょっと嬉しい。テーブルにはおしぼり等が準備されている。ランチでは嬉しい配慮。

zp_pc030211

まずはビール。ローストビーフ丼の為に気持ちゆっくり目に喉を潤す。

zp_pc030213

ビールを半分程度飲んだくらいだろうか。ローストビーフ丼が来た!

zp_pc030219

ってあれ?予想より小さい。丼という事で大きな器を期待したのだが届いたのは通常のご飯茶碗サイズのローストビーフ丼。写真のスープの器と比較すると分かりやすいかも? ところが、だ。ご飯が山盛りに盛られている事に後で気づいた。

zp_pc030216

このローストビーフの下にはご飯がこの形で盛られている。ローストビーフとご飯の比率は文句無しの「ちょうど良い塩梅」だ。それではまずはローストビーフを1枚そのままで。

zp_pc030222

タレとローストビーフが織りなす味はご飯でもビールでもワインでも、全てと調和する味だ。続いては卵を崩してもう1枚。

zp_pc030223 zp_pc030227

こちらも卵の嫌な感じも全くなく、マヨネーズも自己主張が激しすぎず、タレの味もしっかりと感じてご飯がすすんでしまう。ピクルスもローストビーフ丼に合っていてあっという間に完食。ごちそうさまでした。成人男性でちょっと食事が他の人より多めを好む方には物足りない感じがするものの、女性にはちょうど良いサイズとなっているようだ。ワインもメニューにあり、ランチ時間にちょっと贅沢に軽い女子会などにはもってこいだ。

【店舗情報】
■店舗名:肉バル ダンテ東京
■住所:東京都千代田区外神田6-14-3 神田KSビル1F
■電話:03-6806-0158
■営業時間:
・ランチ:11:00〜14:00
・ディナー:17:00〜22:00
■定休日:年中無休